働く美容師さんへのメッセージ 

働く美容師さんへのメッセージ 
美容師自立、独立支援室  227

< それじゃ消えるよ >

美容学校の同級生
卒業後(5年?10年?15年?)何人美容師として残っていますか?
彼ら彼女らはなぜ辞めたの?

美容師を志、専門学校に通い、国家試験を取得して美容師として働く権利を得ながら、その権利を放棄する。

彼らは浅はか、美容の、美容師の本当の価値を知らない愚か者。
ちょっと苦しいだけで辞めていった弱虫。

果たして、そう言い切ることができますか?

残った人たちも、その大半が一定の歳に差し掛かると美容師を見切ろうと考える。

なぜだろう?

それはきっとチョキチョキの現場しか知らないから。
やはり美容技術の価値、美容師の本当の価値を知らないから。

また本来の美容師としての価値づくりに努めてこなかったから。

外の世界とのつながりが希薄だから。
外から見られている美容、美容師の価値を知らない。

美容師ってすごい仕事なんですよ。
その可能性は無限大。

それに気づかないから見切ろうとするんです。

いまの時間の過ごし方じゃ、それに気づかずやがて消えるよ。

もっと外の世界に足を向け、外から美容のこと、美容師のことを考えてごらん。
きっとあるべき姿に気が付くよ。

関連記事

  1. 働く美容師さんへのメッセージ 269

  2. 働く美容師さんへのメッセージ 286

  3. 働く美容師さんへのメッセージ 

  4. 働く美容師さんへのメッセージ 

  5. 働く美容師さんに伝えるべきメッセージ 

  6. 本当に有能な人材をお探しの美容室経営者様へ