働く美容師さんに伝えるべきメッセージ 

働く美容師さんに伝えるべきメッセージ 
美容師自立、独立支援室  069
< 自分の領域という考え方 >

あなたの領域は?

❶ 活動エリア
❷ 就労内容(職種)
❸ 職業
❹ 客層(つながりのある世界、得意なジャンル、コミュニティ)

もし美容師で成功したいなら得意な客層を捕まえなさい。

わたしの知人でアシスタントの頃から毎夜クラブに足を運びDJをしていた美容師がいました。その世界ではちょっと有名で、そんな彼が技術を身につけてしばらくすると渋谷に小さな店をオープン。

クラブで知り合った人たちがこぞって、その店を利用し美容室は大繁盛。その後、近隣にネイルサロンやカフェをオープン。

今後も仲間たちが求める店をこの地域で出していくと言います。

こんな夢物語があるんです。

渋谷というエリア
サービス業という職種
そして美容師という職業(アイデンティティ)
クラブ仲間、音楽関係という得意なジャンル、コミュニティ

今では単なる美容師ではなく渋谷のある一角のサービス業の事業家として活動。

これが彼のビジネスの生存領域なんです。

まずお客さまありき。
そこで自分のアイデンティティ(美容師としてサービス業に従事)を生かす。
そこを起点にことをスタートさせ発展させていく。

どこの世界で生きていくか?
その中でどう役立っていくのか?

ターゲットを絞るというのは、つながりのある得意なジャンル、コミュニティに自店を存在させることです。

どこの、誰のために、何をもって、役に立つか?

その得意な世界を作るんです。

関連記事

  1. 働く美容師さんへのメッセージ 

  2. 働く美容師さんへのメッセージ 

  3. 働く美容師さんへのメッセージ 

  4. 働く美容師さんへのメッセージ 

  5. 働く美容師さんへのメッセージ 

  6. 美容師”自立、独立”支援室の内容をFree Doorsのコミュニティに変えます。