働く美容師さんに伝えるべきメッセージ 

働く美容師さんに伝えるべきメッセージ 
美容師自立、独立支援室  075
< 頼りグセをやめなさい >

決まったレールの上を歩く。
会社が決めてくれる、上司が指示を出してくれる。
それに従って素直に働く。
いつも通り一所懸命働く。
こうした、社員は会社側にとって理想のスタッフ。

しかし、それいいのだろうか?
こうした働き方を部下根性という。
小さな枠(会社、上司からの指示)の中で生きる。
決して自分を主張しない。

こういう人の成績は、下位ではないが上位でもない。
常に誰かの後をついて行く。

経験の浅い時代は、それでもいいが一定の経験を積んだら
自分で考え、何かを作り上げる。
言われたからではなく、こうあるべきと考えたから。

しっかり自分の考えを主張する。

会社(店)はこうあるべきだ。
問題意識を持つことは、素晴らしい。
しかし、これを一歩進めて、だからこういう風にしたい。
それをトップに提案し会社(店)を変えて行く。

それくらい気概ある仕事をすべきです。

仕事は当てがえられるものではなく作り上げるもの。
自分ごととして仕事を捉え会社(店)と共に生きて行く。
働く職場でリーダーの擬似体験。

失敗を恐れず、自ら考えるあるべき姿を追求する。
この経験が、やがて生かされる時がくる。

関連記事

  1. スタッフや美容師さんに伝えるべきメッセージ

  2. 働く美容師さんに伝えるべきメッセージ 

  3. 働く美容師さんへのメッセージ 

  4. まずお詫び

  5. 職場でなにを学ぶか?

  6. 働く美容師さんへのメッセージ