働く美容師さんへのメッセージ 

働く美容師さんへのメッセージ 
美容師自立、独立支援室  077
< 頭の中に時計を持ちなさない >

だらだらと、ずるずるとこういう生活になるのは、頭の中に時間的概念が希薄だからです。

何事も、いつまでにという期限を設けるんです。
目標というのはいつまに、どれくらい。
時間がセットされているんです。

そして目標は与えられるものではなく、自らが作るものなんです。

10年後、5年後、3年後、1年後、半年後、3け月後、今月、今週。今日、何を、どれくらい、どのような状態?

まず、自分の生活(人生)を考えましょう。
10年後にはどのような生活をしていたい?
5年後にはどのような状態にありたいか?
3年後には?

そのためにどうやって過ごしますか?
何を課題に取り組むか?

この概念を持つんです。

なりたい、ありたい自分
仕事は、そのなりたい、ありたいを実現するための手段です。

未来に豊かな生活を夢見るなら、それなりの収入を手にしていなくてはなりません。
その収入を得る手段が仕事です。

10年後5年後どれだけの収入が必要ですか?
その収入を得るためには、仕事はどうあればいいですか?

美容師さんになりたての人は、当面土台づくりです。
お金を追うことよりもお金になるための技術や知識を身につける。
次にそこそこの美容師さんは実験段階です。
どうやったら売上は増えるか?お客が増えるか?
ノウハウを作り上げるんです。
そしてそのノウハウを身につけたら、それをどうやってお金に変えて行くか、お金に変える方法を学び、実践し、その時を迎えるんです。

いつまでにするか?
どのようにするか?

頭の中に時計。
今のあなたは、あなたが望む人生において予定通りに事が進んでいますか?

まずあなたの人生の計画を作る事です。
いつまでに、どうなるか。

関連記事

  1. 働く美容師さんへのメッセージ 

  2. 美容師自立、独立支援室

  3. 働く美容師さんへのメッセージ 

  4. 働く美容師さんへのメッセージ 

  5. 現場で働く美容師さんのために

  6. 働く美容師さんへのメッセージ