働く美容師さんへのメッセージ 

働く美容師さんへのメッセージ 
美容師自立、独立支援室  222
< いくらで売れるか >

人手不足の世の中。
有効求人倍率は、1.67倍
一人の働き手に2社が働かないかと誘いをかける。
しかし、これ錯覚してはいけない。

企業が欲している人は、若い人、安い人。
35歳を超えると急速に求人数は減る。
40歳を過ぎると何かに精通していない人は働き口がない。
50を過ぎると絶望的。

工事現場の交通誘導、これも立派な仕事。
しかし日当10000円程度、雨の日は仕事が無く、実際働けるの月の半分。

これ現実なんです。

あなたの商品価値が、若さであるならその価値は年々失われる。

自分の価値。
いくらの値が付くか?

単なる美容師なら給与は月に25万円から30万円。
年収で300万円から360万円

仮に360万円としたら、手取りはそこから税金、社会保険が引かれて280万円程度。

それ以上にはならない。

それ以上欲するなら単なる美容師ではダメなんです。
売上をあげれる美容師。
人を育てることのできる美容師。
店を運営できる美容師。
組織を運営できる美容師。

収入は、その人が生み出す付加価値に比例する。

単なる美容師のこの給料でいいんですか?

関連記事

  1. お読みになって納得された方は、現場で働く美容師さんのためにシェアしてください。

  2. 働く美容師さんへのメッセージ 

  3. まずお詫び

  4. 美容師”自立、独立”支援室 018

  5. 働く美容師さんへのメッセージ 

  6. 働く美容師さんへのメッセージ 273