働く美容師さんへのメッセージ 

働く美容師さんへのメッセージ 
美容師自立、独立支援室  150
< クリエイティビティを持て >

なぜ、美容師になったの?

大半の人の答えは、美容師が個の力を生かせる職業と考えてのこと。
組織人として与えられる仕事と思い込んでいるサラリーマンを否定し、個の力が発揮できるであろう美容師という職業を選んだ。

そうではありませんか?

だからあこがれはヘアデザイナー
個の力を生かしたい。

ところが現実美容師と言えど組織人。
役割分担の中で仕事が組まれる。
そこで個の力を生かせる場は少ないと思い込んでしまう。

マニュアル化された仕組みに多くの新人美容師は戸惑い、理想と現実との違いを感じて辞めていく。

考え直して欲しい。
クリエイティブ=ヘアデザイナーという胆略的な発想。

単純作業を除けば、いかなる仕事においてもクリエイティビティは求められている。

仕事に付加価値
だれがやるかで結果は変わる。

そこには個の仕事に対するクリエイティビティが存在するから。

求められる結果から逆算して仕事を組み立てる。
考えて仕事をする=クリエイティビティだということ。
それはまたデザインだということ。

掃除一つ、シャンプー一つ、お客様の応対一つ。

やれと言われたことを忠実にこなすだけでなく、そこに工夫を凝らし、より良い結果を追求する。

そう考えたらすべての仕事にクリエイティビティは欠かせない。

仕事はクリエイティブするモノ、デザインするモノ。

クリエイティブ=個の創造力

ヘアデザインは、その中のほんの一部だということ。
すべての仕事にデザイン力を発揮する。

いかなる仕事であれクリエイティビティを発揮し、仕事をデザインするんです。

関連記事

  1. 働く美容師さんへのメッセージ 

  2. 働く美容師さんへのメッセージ 

  3. 働く美容師さんに伝えるべきメッセージ 

  4. 働く美容師さんへのメッセージ 

  5. 美容師”自立、独立”支援室 004

  6. スタッフや美容師さんに伝えるべきメッセージ