働く美容師さんへのメッセージ 

働く美容師さんへのメッセージ 
美容師自立、独立支援室  123
< どう見られているかを考えよう >

見る、見られる

どう見るか?
自分の主観での判断

どう見られるか?
客観的な判断

相手の立場で考える=どう見られているかに気づくこと

そしてどう見られたらいいかを考えること。

自分の印象
挨拶の仕方
話の聞き方
言葉遣い
話の展開
話の間合い
言葉の重み
話の結論

反面教師は、優れた教師
なんでこの人は・・
そこから学ばないと自分も相手の反面教師になってしまう。

見られた方を考えて多くの人と接すれば接するほど、人は磨かれていくんです。

売れているタレント、アイドル、芸人は、その典型。
見られている世界で自分を作る。

あなたが人と接したときに第1印象で大方判断するように、相手もあなたを見た瞬間に大方判断します。

その時、嫌悪感を覚えられたらゲームセット。
その時、印象を残せなかったら次はない。

自分を大切にするというのは自分がどう見られているかに気づくこと。
そしてどう見られたらいいかを考え、動くこと。

この世の中は、他人と共に生きている世界。

関連記事

  1. 働く美容師さんへのメッセージ 

  2. 働く美容師さんへのメッセージ 

  3. 働く美容師さんへのメッセージ 

  4. フリーランス(個人事業主)ってこんなに厳しいんですよ。

  5. 働く美容師さんへのメッセージ 

  6. 働く美容師さんへのメッセージ