美容師自立、独立支援室

美容師自立、独立支援室
< 忙しさをつくろう >

客の来店待ち時間は待機時間ではありません。
この時間、どうやって過ごすか?

一所懸命仕事をしたら客が増えるとは限らない。
客は、来るものではなく呼ぶものなんです。

営業の基本は、数の論理です。
例えばチラシ 100枚配って一人来店なら
1000枚で10人、10000枚で100人です。

もう一つは、相手との関係の深さに売上は比例するということです。
どれだけの方に連絡をとることができますか?
連絡が取れる人の数
これを常日ごろから増やしておくんです。

基本人は断る理由がなければYesなんです。

例えば、親兄弟に電話をかけて客として店に来るように誘うと、大方OKがでます。

友達ならどうでしょう。
知人ならどうでしょう。
関係が浅くなればなるほど来店の可能性は下がります。
しかし、全く関係ない人に比べれば、連絡をして来店を誘うことで一定の確率で来店につながります。

そう、連絡の取れる人(誘える人)を増やす。
その努力を常日頃からしておくことです。

客は来るものではなく、呼ぶもの。
そして呼べば来るという関係を作っておくことです。

客数が不足。
待っていても増えないんです。

関連記事

  1. 働く美容師さんへのメッセージ 

  2. 働く美容師さんへのメッセージ 

  3. 働く美容師さんへのメッセージ 

  4. 働く美容師さんへのメッセージ 

  5. 働く美容師さんに伝えるべきメッセージ 

  6. 働く美容師さんへのメッセージ