働く美容師さんに伝えるべきメッセージ 

働く美容師さんに伝えるべきメッセージ 
美容師自立、独立支援室  061
< アリとキリギリスのお話し >.

夏のある日、キリギリスが野原で歌を歌っていると、アリたちがぞろぞろ歩いてきました。

「おい、アリくんたち。そんなに汗をびっしょりかいて、何をしてるんだい?」

「これはキリギリスさん、わたしたちは食べ物を運んでいるんですよ」
「ふーん。だけど、ここには食べ物がいっぱいあるじゃないか。。どうして、いちいち家に食べ物を運ぶんだい。
おれみたいに、お腹が空いたらその辺にある食べ物を食べて、あとは楽しく歌を歌ったり、遊んだりしていればいいじゃないか」
「でもね。キリギリスさん。
今は夏だから食べ物がたくさんあるけど、冬が来たら、ここも食べ物はなくなってしまいますよ。
今のうちにたくさんの食べ物を集めておかないと、あとで困りますよ」アリたちがそう言うと、キリギリスはバカにした様に、
「ハハハハハハッ」と、笑って。

「まだ夏が始まったばかり。冬の事は冬が来てから考えればいいのさ」そう答えると、また歌を歌い始めました。

さて、それからも毎日キリギリスは陽気に歌って暮らし、アリたちはせっせと家に食べ物を運びました。

やがて夏が終わり、秋が来ました。

そしてとうとう、寒い寒い冬がやって来ました。
野原の草はすっかり枯れ果て、キリギリスの食べ物は1つもなくなってしまいました。

「ああ、お腹が空いたな。
 困ったな。どこかに食べ物はないかなあ。
 ・・・あっ、そうだ。
 アリくんたちが、食べ物をたくさん集めていたっけ。
 よし、アリくんたちに何か食べさせてもらおう」
 キリギリスは急いでアリの家にやって来ました。

さて、このお話の顛末を知っていますか?

❶ アリは、キリギリスにあげる食べ物はないと追い返した。
 そしてキリギリスは寒さに凍えて死んでしまう。

❷ キリギリスは、アリに断られたので暖かい食料のある南に
 旅に出た。

❸ アリは、キリギリスを迎え入れ食べ物を振る舞った。
 そしてアリの家でキリギリスは、その冬を過ごした。

❹ アリは、キリギリスを笑顔で招き入れ、隙を見て襲いかかり
 食べてしまった。

やがて未来は今になる。
あなたは、その日のために何を蓄えますか?

関連記事

  1. 店を閉める。

  2. 働く美容師さんへのメッセージ 

  3. お読みになって納得された方は、現場で働く美容師さんのためにシェアしてください。

  4. 働く美容師さんへのメッセージ 

  5. 職場でなにを学ぶか?

  6. 働く美容師さんに伝えるべきメッセージ